Search


Archives

2008年09月06日

彼らに相応しい最後の言葉: ワールド・エンド

 辻井 喬、上野千鶴子 著 「ポスト消費社会のゆくえ」から

 「愛国心は卑怯者の最後の隠れ家」
 という言葉もありますが、
 たいへん危険な政治家が歴史も知らずに
 「最後のレジームの改革」などと言い出したあげく、
 再起不能なかたちで失脚してくれたことは
 たいへん嬉しゅうございます。

 そうだ、安倍さんが ”やらせタウンミーティング” で「教育基本法」を改正し、「日本国憲法」まで改悪しようとしていたことがありましたっけ・・・ その後の福田さんも、「やーめた」と政権を投げ出しました。

(ミセス・プリチャードは、「私には義務と責任がある」と言って首相を投げ出しませんでしたが、どこかの国には、「自分と永田町がある」というように投げ出す首相もいるのですね)
奥さまは首相~ミセス・プリチャードの挑戦

 そして、日本のリーダーを2回も投げ出した党からは、次は俺だ私だと4人の総裁立候補者が出て来ています。

 ”自民丸”の船上で、「次の船長は俺だ」と4人が言い争っている間に、船は大きな渦の中に飲み込まれて行くのでありました・・・

 ★ワールド・エンド★

 これが彼らに相応しい最後の言葉でしょう!

旗を掲げよ!

日本のベケット卿

喜んでする気持ちにさせること

ちょっと姫ちゃん、離党している場合じゃないよ。日本を救うんだよ、真剣に!

disrupt the Dark Side:鉄トラが社会をダメにしたのにネ


 

 

   

 

 ★組織、労働、仕事に疑問を持ったとき
 ★脳力を磨きたいとき
 ★筋を通したいとき
 ★スタートレック語録

■情報を集める
 □連想検索 Webcat Plus
 □IMAGIN Book Search
 □ブクログ

■design
 □Information is beautiful

■安全/危機管理
 □デジタル感染症調査(HealthMap)
 □メルクマニュアル医学百科
 □お薬110番
 □aguse:Webサイト安全確認
 □警視庁
 □国民生活センター
 □防災科学研究所(地震情報)

■情報
 □特許電子図書館
 □政府統計の総合窓口
 □図書館リンク集
 □日経産業消費研究所
 □国立国会図書館
 □住まいの水先案内人
 □Alexa サイト使用頻度調査
 □青空文庫

 □各国・地域情勢(外務省)